避妊するならピルは必須!海外通販を勧める理由

ピンク色のピル

女性にとって避妊をするためには、ピルがあったほうが安心ですよね。
コンドームでも十分に避妊は可能ですが、「セックス後に破れていた」という事態になりヒヤヒヤ感を体験した方もいるのではないでしょうか。
さらに病院から処方してもらうためには、薬が切れるたびに通院しないといけません。
「ピル欲しいだけなのに通院の時間がもったいない」と感じたことがある人には、海外通販での購入をおすすめします。

◆ピルは保険が効かない?

ピルを処方してもらった人はすでに知っているかと思いますが、実は避妊目的では保険が効きません。
日本国内で低用量ピルで保険が効くのは、月経困難症や子宮内膜炎などの病気を抱えている場合のみでなのす。
治療を目的とした服用であれば保険は効きます。しかし避妊は病気ではなく、生活改善が目的です。そのため「避妊がしたい」という理由だけでは、保険が効かないシステムになっています。
自由診察は薬代だけでなく、処方料や診察料などもプラスされるため高額出費になる可能性があります。
また保険適用内であるかどうかを判断してもらうためには、相応の検査を受ける必要があります。

◆海外通販なら安価で購入できます

産婦人科やクリニックでのピルの相場は、いくらなのでしょうか?また海外通販での値段もチェックしていきましょう。

<病院でのピル相場>
1シート(1ヵ月分)3,500円ほどです。1日あたり100円の計算になります。また薬代の他に診察料が数千円、処方料がプラスされていきます。
数ヵ月分まとめて処方している病院もあります。
<海外通販サイトの値段>
1箱28錠だと1,200円で販売しているサイトもあります。1箱、3箱、6箱とロット展開も豊富で好きな量を自分で選べます。
6箱でも1万円以内で購入できます。

海外通販でピルを買うメリットは、値段が安いだけでなく通院ストレスも感じることがない点も魅力的です。